大竹栄養専門学校

VOICE

VOICE

Student questionnaire

Student questionnaire

OHTAKEでは、どんな学生たちが
栄養士になるため学んでいるのでしょう?
学校のこと、栄養士のこと。
OHTAKE生たちにいろいろ聞いてみました。

LET’S GO !!LET’S GO !!

OHTAKE生の85%
「充実した学生生活をおくっている」と回答

85% 充実している ほぼ充実している

勉強して、友達とお昼ご飯を食べて、実習をして…。学生生活では楽しいことはもちろん、難しいこともあります。ですがそれも含めて「充実している」という学生がとても多いです。

We’re satisfied everyday!!

栄養士を目指したキッカケは?

  • 食や料理が 好きだから
  • 安定しているから
  • 社会の役に 立ちたいから
  • 就職に有利だと 思ったから
?

OHTAKE生に人気の栄養素は?

  1. 1st

    たんぱく質

  2. 2nd

    ビタミン系

  3. 3rd

    カルシウム

?

OHTAKE生に人気の栄養素は?

  1. 1st

    たんぱく質

  2. 2nd

    ビタミン系

  3. 3rd

    カルシウム

?

実習と講義、どちらが好き?

?
実技 どちらも 講義

実習が大人気ですが、
「先生が面白いから講義も好き!」
という声も。
OHTAKEでは講義も楽しく受けられるよう、さまざまな工夫をしています。

?
Which do you like?

実習と講義、どちらが好き?

実技 どちらも 講義

実習が大人気ですが、
「先生が面白いから講義も好き!」
という声も。
OHTAKEでは講義も楽しく受けられるよう、さまざまな工夫をしています。

?
Which do you like?

年齢は?

?
10代 20代前半 20代後半 30代
How old are you?

性別は?

boy31% girl69%

入学前の学歴・経歴は??

高卒91% 社会人5% 大卒4%

OHTAKEまでの
通学手段・通学時間は?

電車 徒歩 自転車 その他

駅から徒歩8分ほどのため、
半数以上の学生が電車を利用しています。

通学時間 1時間以内 30分以内 1時間以上 2時間以上

どこに住んでる?

実家暮らし ひとり暮らし その他
Where do you live?

出身地は?

東京都内 関東(東京都内) 中部地方 近畿地方 東北・北海道

ほとんどの学生が、関東圏出身者。
そんな中、近畿地方や東北・北海道からきている学生も!

I like OHTAKE!

昼食はどうしてる?

コンビニなど38% お弁当持参62%
How are yougoing tohave lunch?

アルバイトはしている?

YES 75%

飲食店やコンビニなど、学業とアルバイトを
両立している学生もたくさんいます。

学校で得た知識は、
役に立っていますか?

YES 80%

栄養素などの知識をはじめ調理技術なども身につけられるので、
仕事で活きるだけでなく、身近な生活の中でもとても役立ちます。

学生生活で、
楽しい!と感じるときは?

  • 友達といるとき
  • 実習・実験など
  • お昼休み
A fun school life!

Student’s Voice

  1. Student’s Voice

    01

    栄養士科2年 小林 璃々花

    少人数だから、自分のペースで勉強できる。

    私が栄養士の仕事に興味をもったのは、中学2年生の保育園での職場体験。子どもたちがおいしそうに給食を食べているところや、栄養士さんと楽しそうにお話している姿を見たことがキッカケでした。OHTAKEは1学年50名という少人数の中で学べるので、調理が未経験でも先生やクラスメイトに教えてもらいながら、知識と技術を身に付けることができます。質問や相談もしやすい環境で、勉強で分からないままになってしまうという心配もありません。たくさんの方に支えてもらいながら日々成長できているなと感じています。将来の夢は「食を通して子どもたちに笑顔を届ける栄養士」になること。実現に向けて頑張っています!

  2. Student’s Voice

    02

    栄養士科2年 潰田 七星

    日常生活にも役立つ知識を身につけられます。

    OHTAKEのいいところの一つに、実習の多さがあると思います。臨床栄養学実習では、毎回患者さんの病態に合わせたメニューを考案し、工夫をしながら調理を行います。実際のシーンを想定し、献立作成や実習を行うため、就職後のイメージもしやすいです。必要なエネルギー計算をしたり、栄養価を考えたりすることは、今の自分の健康維持にもつながるので楽しいです。また、調理実習で学ぶ工程や手順は、日常生活でもとても役立っています。バーベキューや、川でキャニオリングやラフティングなど、クラスメートたちとの仲をより深められるイベントもあります。栄養士になるという同じ夢を持つ仲間たちとキャンパスライフを楽しめる学校です。

  3. Student’s Voice

    03

    栄養士科2年 松本拓真

    実体験を活かし、おいしい食事を提供できる栄養士に。

    私は幼少のころ、皮膚の病気を患っていました。手には手袋、足には包帯という生活をしていましたが、栄養管理をはじめてから、約一年ほどで症状が治まったのです。そんな実体験から栄養バランス、食の大切さを知りました。栄養士は、知識や技術はもちろんのこと「優しさ」や「協調性」も同時に求められる仕事。OHTAKEは、先輩や先生方の距離も近いため、人とのコミュニケーションや細かな気配りなども自然に学べる場所だと感じています。将来は、私と同じような辛い思いをしている方を栄養の面からサポートしたり、食品制限をしている子どもたちにもおいしい食事を提供できる栄養士になりたいと考えています。

トップページに戻る