大竹栄養専門学校

OHTAKE journal OHTAKE journal

イベント

卒業式

去る3月9日、大竹栄養専門学校で卒業式が行われました。
卒業生全員が就職先を決め、無事に卒業式を迎えることができました。
2018年度卒業生の就職先としては、保育園・給食会社がそれぞれ3割ずつを占め、次いで食品関連サービス業2割、高齢者・社会福祉施設1割、その他1割となりました。ほとんどの学生が栄養士の資格を活かして就職をしています。超高齢社会、人々の健康への関心の高まりにより、介護・福祉分野やドラッグストアなどでも栄養士のニーズは高まっており、活躍の場は広がっています。
一人でも多くの学生に満足のいく職場に出会って欲しいため、教員一同、一丸となって応援をしていきます。

卒業式の後はささやかながら学校で卒業パーティーを開催しました。
実行委員が中心となり、みんなが楽しめるように様々な企画を用意。2年間の思い出ムービーを流したり、その中からクイズが出題されたり…と短い時間ではありましたが、とても盛り上がる楽しい時間となりました。

大竹栄養専門学校での2年間は楽しいことも大変なこともあったと思います。また、就職してからも悩みは尽きないと思います。もし、行き詰まってしまった時は学校に相談に来てください。相談だけでなく、現状報告など元気な姿を先生たちに見せに来てください、待っています!